国際ロータリー 第2630地区
活動報告

交通安全ランドセルカバーを通したつながり

2016年5月16日

熊野RC会長 濱田 直美randoseru

3学期も終わりに近づいたある日、熊野ロータリークラブに一通のはがきが届きました。そこには、毎年熊野ロータリークラブが新入学児童に送る交通安全ランドセルカバーにまつわる話が記されていました。

今年も、3月22日に熊野市役所にて贈呈式を行いました。熊野市と南牟婁郡の御浜町、紀宝町そして隣接する奈良県下北山村の新入学児童に計280枚の寄贈をいたしました。この度は、全く見ず知らずの元ロータリアンからのお便りに心が癒され、とても幸せな気持ちになりました。熊野ロータリークラブの皆さんに紹介しましたが、2630地区の皆様にも紹介させていただきたく思いまして、ご本人に了解を得ましたので月信に投稿いたします。

「突然お便りする非礼をお許しください。私は2月まで明石ロータリークラブに在籍(法人会員のため異動により後任と交替)していた者です。あるところで貴クラブの名前をお見かけし、心温まる思いをしましたので、お知らせしたく筆をとりました。私はRC活動とは別に神戸市西区の自宅近くで小学生の登校見守りをしていますが、昨年9月から、一人の女児が神戸市西区内の小学校で配布するものとは違うランドセルカバーを付けて登校し始めました。後ろから見ると『熊野ロータリークラブ』と書いてあり、貴クラブが新1年生に贈られたものだと分かりました。その児童は2学期に神戸市立美賀多台小学校へ転校してきたのでしょう。転校しても新一年生となった熊野市の思い出を抱いて一人で登校する姿は小さいながら、しっかりとしていました。しばらくして名前を聞くと「シオザキ」というような返事でした。1年生も終わりとなる時期ですが、まだ一人で登校しています。やがて2年生となり新しい友達と登校できればと期待しています。 蓑田俊輔 明石RC 明石市本町1-1-32 明石商工会館3階」

1 / 11
PAGE TOP