国際ロータリー 第2630地区
活動報告

新しい仲間を迎えて

2015年11月9日

青少年奉仕部門 青少年交換小委員会 委員長 向井 龍三

今年の異常なまでの暑さも漸く峠を越す気配となった8月23日、アメリカ、フランス、スウェーデンから来日したばかりのインバウンド学生4人を迎え、岡田ガバナー、釼田ガバナーエレクト、伊藤アドバイザーご出席のもとオリエンテーションが開催されました。この日は1月に来日しているオーストラリア、ニュージーランドからの先輩学生2名も加わり、新しい仲間に対してアドバイスをおくり親交を深めましたが、7月に5名の仲間が帰国し、少し寂しげな様子だった彼らも、新しい仲間との出会いを喜び、一気に仲の良い友達となってくれたようでした。今年の夏期来日学生は男子3名、女子1名ですが、これから始まる日本での留学体験を意義あるものにしてくれるよう期待したいと思います。三日後の26日からは広島の原爆資料館、厳島神社、そして姫路城などを訪れる夏期研修旅行に出かけ、見聞を広げることになっております。

この日は1年間という長きに渡って語学の勉強や文化の違いを経験し、派遣先との親善と理解の役割を十二分に果たして先ごろ帰国したばかりのアウトバウンド女子学生5人による帰国報告会も開催されました。それぞれがパワーポイントを駆使し、流暢な英語で生き生きと、そして交換学生として充実した1年間の体験してきたことを感動的で素晴らしい発表をしてくれました。スクリーンに映し出された派遣先での様子は、持ち時間15分ではとても言い尽くせないほどの喜びを伝えてくれましたが、同席した保護者、送り出した我々地区委員会のメンバー、そして会場に参加した各クラブの委員長さん始め大勢の皆さんは、人間的に大きく成長した頼もしい彼女たちの報告を胸が熱くなる思いで聞かれたことと思います。これからの長い人生のなかで、苦労をした経験も含め、どんなにかこの海外留学体験は貴重な糧となっていくことでしょう。皆さんの今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

1 / 11
PAGE TOP